写真:Recruit<ハリマについて> 4つの強み 今日までの実績が「新しい挑戦」を支えています。

当社は2007年に創立100年を迎えた「老舗」です。明治期には畳に使うい草を商い、大正期には自転車部品の卸を行い、やがて商品が家庭用金物に変わり、戦後になって日用品卸として発展しました。その後、スーパーなど量販店の出現や卸業界の存亡危機、ITを駆使した情報戦略競争、そして震災など、何度も大きな社会変革や流通革命を経験、その道のりは決して平坦ではありませんでした。
しかし、過去の経験の積み重ねは未来への挑戦の支えになります。
卸で培った物流ノウハウが3PL事業につながったように、今後もこれまで培ってきた当社の強みを活かし、新しいビジネスの種を育てていきます。

  1. 1.安定成長する2つの事業領域
    当社の最大の特徴は「日用品・化粧品・トイレタリー商品の卸売を行う専門商社機能」と 「3PL(サードパーティ・ロジスティクス=受託物流)機能」の両輪で成り立っていることです。3PLの物流技術が卸売部門で効率の良い在庫管理を実現したり、卸売部門の顧客から受託物流の相談を受けたりと、両者は相乗効果で発展しており、これが経営の安定化にもつながっています。
  2. 2.100年蓄積した実業的ノウハウ
    当社は、総合商社のような情報網を駆使した頭脳プレーばかりではなく、実際に手足を動かして自社で物流を運営することにより、流通ノウハウを100年にわたって蓄積してきました。顧客や地域に密着した「実業」であることは、当社の特色であり存在意義ともいえます。
  3. 3.地域密着と全国ネットワークの両立
    全国展開の大手商社では手が回りにくいリージョナルな(地域の)きめ細かいサービスを発揮する一方、物流体制は全国に展開しており、顧客の多様な要望にお応えできます。また大手総合商社との共同出資で関連会社をつくる、同じ卸業者と共同で商品企画を行うなど、外部の協力体制も整えています。
  4. 4.個人の力を活かすフラットな組織
    製品も店舗も持たない中間流通業者にとって、最大の武器は「人財」です。当社は社員個人の能力を最大限に発揮できる環境づくりに力を入れてきました。部課長制を廃止したフラットな組織編成や社内グループウェアの導入により、風通しがよく意思伝達の早い社風を実現。また、年齢や職種を問わず向上した分だけ評価されるしくみで、社員の意欲喚起をサポートしています。