写真:Logistics<物流支援> 製・配・販の流れを効率的にコーディネート

多店舗展開を考える小売業者様にとって、物流設備への投資は重要課題です。業務全体を社外に委託することで、コストやリスクの軽減が可能になります。当社は、荷主様の取扱商品や物量変動などの条件に合わせて、専用の倉庫設備や情報システム、スタッフを配備し、メーカーから店舗までのモノの流れを効率的にコーディネートします。臨機応変のきめ細かな運営で、自社運営以上の物流品質をご提供します。

物流アウトソーシングの導入事例
「全国800店舗を短期間で達成・アパレル販売A社様」
A社様では、従来持っていた自社物流設備を廃し、より大規模な設備を持つ当社物流センターで全商品の在庫管理・仕分け・配送業務を運営することになりました。A社様とその仕入先ベンダー各社様との協議の末、物流プロセスを決定。三者で定期的に意見交換する場を設け、リードタイム短縮策やカテゴリ納品方法など効率化対策を検討しています。当社ではA社様とベンダー各社様の意見調整役として物流方針をコーディネートする一方、コストを最小限に抑えながらサービスレベルの向上に努めています。こうした取り組みによって、当初の目標を上回るペースで新規出店が進み、現在では全国に800店以上を展開されています。
物流アウトソーシングの導入事例