写真:Logistics<物流設備> お客様に最適化した物流設備を編成します

全国10カ所の自社物流センターには、小口荷物や多店舗分配にも柔軟に対処できる多様なマテハン(Material Handling)設備を備え、ご要望に合わせた物流システムを編成できます。また、受注から出荷までのリードタイム短縮・誤差率ゼロ・最小コスト化を各工程で徹底し、高品質物流をご提供します。

フレキシブルに進化するシステム
例えば高槻物流センター(大阪府高槻市)は、計量検品ピッキングカートや、48,000ケースの在庫が可能な大容量自動倉庫を備えています。他の拠点においても、搬送・仕分け・ピッキング・保管といった作業工程の多くを自動化・省力化し、情報システムと連動させて物流精度を高めています。徹底した在庫管理と商品の自動発注により欠品率も0.01%未満で、即日納品も可能にしています。
マテハン設備 機能
MAS(マルチアソーティングシステム) 商品取り出しから出荷準備完了までを一コンベアで集中管理。端末からの指示でバラ発注の仕分けも高精度・スピーディに行える上、作業者負担も大幅に軽減しています。
(処理能力:10,000ピース/時 )
DDA(デジタルアソートシステム) 大型商品・異形商品に向く仕分けシステム。端末からの出荷指示により、目的の商品がある場所に必要数量を表示させることで、作業者のミスを軽減します。
(処理能力:3,500ピース/時)
デジタルピッキングシステム 端末からの出荷指示により、商品の保管場所から直接発送先ごとに発注数量だけ取り出すシステム。出荷が高頻度のバラ商品をスピーディに処理できます。
計量検品ピッキングカート カートに搭載した秤による重量検品と商品バーコードのスキャン検品により、ピッキング精度を大幅に向上させます。また、ラベル発行システムと連動することで小売店様のSCM対応が可能です。
自動倉庫 1,700パレット約48,000ケースの保管能力を持ち、5機のクレーンで入出荷処理を自動化しています。主にケース商品の保管に向いています。
(処理能力:入出荷120パレット/時)